2013年11月12日

乳酸菌の詳しいはなし

善玉菌の代表である乳酸菌はブドウ糖、乳糖、オリゴ糖などの糖質を栄養にして発酵を起こし乳酸を作る細菌の総称です。

乳酸菌を利用して作るヌカ漬け、チーズ、ヨーグルト、乳酸菌飲料がすっぱいのはこの乳酸の味です。

他に乳酸菌は味噌、醤油、酒にも使われるか、かってに存在します。

乳酸菌には棒状の形をしたヨーグルトによく使われる乳酸桿菌(ラクトバチルス)やチーズによく使われる乳酸球菌(ラクトコッカス)、先が二股に分かれたY字型の形状をしたビフィズス菌などがあります。

腸内細菌は小腸の終わりから大腸へいくと急増しますが、小腸下部にはラクトバチルスが多く、大腸にはビフィズス菌が多く存在します。

中高齢者では大腸のビフィブス菌がかなり減少するそうなので、生菌が腸まで届くタイプの乳酸菌製品で補うのがよいと思います。

<引用元:食と健康の相談室>

腸内環境正常に
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
今注目の第三世代プロバイオティクス!CMでもお馴染みの「プロピルヨーグルト」
【関連する記事】
posted by k8aw8wedga at 16:21| Comment(0) | 乳酸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。